« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月に作成された記事

絶品、マルハギの薄造り

今年は数年ぶりにカワハギ(マルハゲ)が豊漁。

丸々と肥えて、肝もたっぷり入っています。

煮付、寒い日は鍋、そしてもう一つ、忘れてはいけないのが薄造り(刺身)。

1010301

↑マツハギ1匹分、肝もたっぷり

1010302

↑奇麗な身をしています

1010303

↑ポン酢でどうぞ

1010304

↑肝

なんと言ってもここが美味い、

生のままポン酢でどうぞ、

口の中でそのうま味がふわぁ~っと広がります、

まさに絶品!

肝と言えばフグなのですが、

フグの肝は危険、

しかし、マルハギはまったくそんなことを気にする必要はない、

予算の限り食べ放題!

そして何よりもフグに比べ圧倒的に安い、特に今年の様な豊漁の年は激安プライス!

もちろん味も、けっしてフグにひけをとることはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸学院大学・魚の棚探検隊

Gakuin

既に発行されている「ミニコミ誌うおんたな15号」

今回は、学生さんの目に魚の棚はどう映るのか、新しい視点を期待して神戸学院大学の学生さんとのコラボが実現しました。

↑写真は紙面のトップを飾った写真、

新聞会・栄養学部の学生さんからなる「神戸学院大学・魚の棚探検隊」の皆さんです。

ちなみにこれ、おいらが撮影しました。

けっこうノッてくれて、

我ながらですが、良い感じで撮れています。

お堅いバージョンも撮ったのですが、こちらを採用させて頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まっちゃんBAND4周年記念ライヴ、無事終了

おかげさまで大盛り上がりで無事に終了しました。

ライヴ当日、神戸新聞にバンドのことが紹介されました。

取材があったので、いつか載るだろうと................

ただ、驚いたのは、その扱われ方、

ネタ的に、隅の方に小さ~~く載るくらだと思っていただけに、

まさか、あんなに大きく載せて頂けるとは、正直、ビックリ!

でも、まぁ、実力はさておいて、4年やってきたことは事実です。

バンドって、やっててなにが難しいとかと言われれば、

維持すること。

弾き語りなら、自分が思った音楽を自分のセンスで、いつでもどこでもパッと演れるのですが、

バンドとなれば、最低でもギター、ドラム、ベースが集まらないことにはどうにもならない。

現実は、皆、忙しい日常を抱えているので、全員集まるといってもこれがなかなか、

その上、メンバー各々、音楽に対する好みもマチマチだし、

小さな衝突は頻繁?にあったりします/笑

まっ、それも音楽に対する本気度の表れかもしれないが。

それでも、いろんなことをクリアし、バンドの音が一つにまとまった時の重圧サウンド、リズム、仲間と演る楽しさ、

これを一度味わってしまうと、もぉ止められません/笑

最後に、

4年間、そしてこの先もおそらくやっていけるのは、

まずは、家族の理解があるから、

そして、なによりも、我々に練習場として快く店を使わせてくれるオーナーさんには感謝しております。

この恵まれた環境がなければ、このバンドもなかったにちがいありません。

今後ともどうぞよろしくです。

M42

101016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のカワハギは美味い!

Hagenituke

去年も一昨年も水揚げが少なく、殆ど店頭に並べることになかった丸カワハギ。

別名?マルハゲ

いや別名ではなく、通常は「マルハゲ」と呼んでいるのですが、

一時、禁句となることがあります/笑

某料理屋さんでは絶対禁句なんだそうで/笑

で、そのマルハゲ!ではなくカワハギ、

今年は豊漁です。

特に最近は型も良いです。

よく肥えて肝もバッチリ入って、美味いです!

漁師の間でも「今年のサワラやハゲは、豊漁でとりわけ美味い!」っと

ハゲは鍋の魚として人気が高く、寒くなればますます需要が増してくるのですが、

水揚げが多いのは秋、煮魚として人気があります。

刺身にしても大変美味しいのですが、ご家庭でされる場合、少々難しいです。

当店ではマルハゲの刺身用三枚卸しにまでは、さすがに手が回らないのしておりません、

皮を剥ぐところまでとさせて頂いております。

ハゲは見た目が悪いので、皮を剥いで売られているのが一般的ですが、

カワハギという名は、そんなところからきているのでしょうか??

それとも皮を剥いで食べるから??

活きたものや鮮度の良い物は、皮を剥がなくても奇麗な色をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハモの季節!皆さんは京都派?それとも産地派?

ハモがここ数日、大漁続きです。

お値段は、安いというか、もう激安状態。

ハモは夏が旬と思われていますが、大間違い、まさに今が旬の魚です。

夏よりも秋のほうが肥えて脂ののりも良いばかりか、水揚げも圧倒的に多いです。

さらに夏は、需要があるので、高級魚となってしまいます。

これはまったくもっておかしな話。

何故、夏の魚のイメージがあるのか?

これまでに何度も書いてますが、ここでもう一度おさらい、

ハモといえば夏の京料理、

さかのぼること江戸時代、

今日の様なクール宅急便などという便利なものはない時代、

夏の暑い時期、海から離れた京の地へ魚を運ぶことは非常に困難でした。

そこで、生命力の強い=腐敗し難い、ハモなら大丈夫だろうと、

ハモが盛んに京都へ運ばれるようになりました。

骨の多いハモは料理もめんどうで、あまり好まれなかったようなのですが、

海から離れた京都では、そのハモ料理に磨きがかけられ、

夏の京都といえばハモとなり、それが今日にまで受け継がれています。

今でも人が集まる祇園祭の頃は、特に人気が高まります。

謎が解けましたでしょうか!

ハモが本当に美味しいのは、まさに今なんです!

淡路等の産地では、ハモ鍋等でこれから売り込みにかかります。

グルメなあなたは、京都派?それとも産地派?

※詳しくはこちら

1010114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まっちゃんBANDwithプチマ/4周年記念ライヴ

とあるまちづくりの会議の後の懇親会、

たまたま席が隣になった、明石市役所の某職員のさん、

何故か話題がまちづくりからロックンロールへ

「え~~~!!○○さん、ロック好きなんですかぁ~意外!」

今思えば、全てが4年前のこの一言から始まった。

直ぐさま意気投合し、話はバンド結成へと進んだ。

おいらさっそく実現に向け行動開始、

まずはなんといってもメンバー集め、

当時は今と違い、音楽仲間なんて殆どいなかった、

楽器の腕前や、音楽の好みなんて言ってられない。

好みは無理矢理合わさせるし、腕は磨けばいいだけのこと、

そんな感じで、半ば強引に勧誘/笑

しかし、これが「何かのご縁」ってやつかも。

縁というのは計算してできるものではない、偶然のもの。

ましてや、こちらの思惑通りにいくものでもない。

でも、この縁というものが、時に人生を大きく左右することがあると、そう感じるときある。

だからこそ、良い縁を引き寄せなければ.................

まっちゃんBANDも結成4年目、

皆、日常を抱えているので、集まるだけでも大変な時がある、

そんな中、練習の他に、定期的なライヴ、明石市民まつり等のイベントへの参加、

今思えば長いような短いような、

今月16日(土)、初の単独記念ライヴをやります。

そして、まだまだロックし続けようと!

4live

| | コメント (0) | トラックバック (0)

話題のDHAを取るならこれ

Tubasusasimi5

Tubasusasimi7

どないでっかぁ~~!!

美味しそうに撮れてますやろぉ~

って、観賞用ではありません(^_^;)

ツバスの刺身です。

今の時期、ほんと、美味いです!

大きなもの(ブリ)は太平洋を通り抜けてしまうのですが、小さなツバスは瀬戸内に入ってきます。

日に日に大きくなり、脂ののりもよくなってきました。

獲れたのツバスは、刺身が一番!

ところで..........................

ツバスは、もちろん青魚、

青魚といえば?

そうなんです、最近話題の"DHA"

DHAを含む青魚パワーに注目が集まっています。

ただ、料理方法によっては、せっかのDHAも損なわれてしまうそうで、

刺身で食べるのが、最も効率よく摂取できるのだそうです。

青魚で刺身、

それってまさにツバス!

DHAはサプリメントも出ていますが、

値段も高いし、

そんな人工的な物にたよらず、自然の豊かな恵から得ましょう。

そうすることで、健康で豊な生活が得られるはず。

「豊」って、けっして高価な物を食べるってことではありません。

ツバスは、とてもお求め安い魚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間一髪!(運動会)

10月2日土曜日、晴れ

今日は息子の運動会、

11時には仕事に戻らなければならないので、おいらとって、メインは午前中のクラス対抗リレー。

プログラムが進み..................

いよいよだ!

入場してくる息子を見失うなうまいと、ただひたすらカメラで追う。

ところが、まさに走り出そうとしている、その時...........

ある重大なミスに気がついた。

それは、陣取った場所。

ここからだと、見えるのは息子の背中。

正面に回らなければ!

一か八かで、家内と猛ダッシュ?で移動、

空スペースを確保した時は、既に走り出していた。

即、カメラのファインダーを覗く、

しかし、いなぁ~~い、

完全に見失ってしまった。

年に一度の運動会、しかも3年生といえば、可愛い度的にはピークかも/笑

不覚、

しかし、ここで諦めるわけには、

ようやくカメラが息子をとらえたのは、ゴール直前、

ひたすらシャッターを押しまくる。

で、その成果が↓

バトンを渡しているのが息子、

間一髪、間に合った。

走っている本人よりも必死だったかも(^_^;)

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »