« 太刀魚?それとも秋刀魚?明石っ子のあなたはどっち? | トップページ | これでもハモの旬は夏と言えますか! »

地球産地球消費?

昨日は台風の影響で魚の入荷が見込めず、やむおえず臨時休業。

この商売は、明石の海の恩恵を受け、毎日沖へ出る漁師さんがいてこそ成り立っている。

しかし、同時に買ってくれるお客様がいなくても成り立たない、

あたりまえといえばあたりまえのことだが、改めてそのことを感じさせられた。

漁師とお客さんとの間で日々悪戦苦闘しているのが我々魚屋。

獲る人、売る人、買う人それぞれの思惑が一致してはじめて皆が潤うのだが、

現実には、個々の思惑は異なるところも多い。

魚の値段は流通段階で決まる。

明石物の場合は昼市、つまりセリで決まる。

漁師は少しでも高値がついて欲しい、当然、

一方、魚屋、消費者は少しでも安いほうがありがたいにきまってる、これも当然。

魚屋は基本的には消費者側に立って仕入れる。

大漁の魚は、単価が少々低くても水揚げ高は上がるので、漁師も満足できるし、

消費者もお手頃価格で手に入るので、お互いが満足できる形となる。

しかし、いつも、そんなわけにはいかない、

水揚げ量は、日毎に、また魚種によって異なり、相場が安定しないのが天然物の定め。

高値が続くと魚屋や消費者がもたないし、

不漁の上に安値が続くと、今度は漁師がもたない。

もし獲る人がいなくなれば、

前物が食卓から消える、

一度失ったものを復活させるのはかなりのエネルギーがいる、

おそらく二度と復活しない。

そうなってからでは遅い。

よく、地産地消という言葉を耳にする。

特に明石は、魚に関しては産地であり消費地でもある。

しかし、残念なことに、現実には言葉だけが先行しているようにも思う。

漁師、魚屋、消費者がひとつの線で結ばれなければ地産地消は成り立たない。

某スーパーの人が、冗談でこんなことを言っていた。

「地産地消、あれは地球産地球消費ってこと」/笑

スーパーの売場を見ていると、まんざら冗談でもない様な気もする。

|

« 太刀魚?それとも秋刀魚?明石っ子のあなたはどっち? | トップページ | これでもハモの旬は夏と言えますか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球産地球消費?:

« 太刀魚?それとも秋刀魚?明石っ子のあなたはどっち? | トップページ | これでもハモの旬は夏と言えますか! »