« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月に作成された記事

海はもう秋!

ツバスの水揚げが始まりました、

海はもう秋模様?

で、本日の大漁はサワラ、

サワラ、漢字で書くと"鰆"

魚へんに春

でも、ここ明石では、サワラは産卵期の春ではなく秋が旬。

産卵を終え、夏を過ぎた頃から肥えはじめ、秋にはピークに達し脂ものりも最高潮となります。

明石ではサワラの他にもタイやアジ等も同様で、春に産卵し秋に旬を向かえるといった魚が多いです。

で、このサワラ、

とれたてのものはまずは刺身、

サワラの刺身が味わえる、これこそ産地ならでは特権!

身が柔らかいので、産地以外では刺身というのは馴染みがないようですが、

とれたてのものは身もしっかりとしています。

で、残った分を塩焼等で食べると、同じ魚で二度楽しめます。

これが明石流の楽しみ方!

また、達人編ですが、みそ漬けにするとさらに美味です。

オリジナ=家庭の味が楽しめて、会話も盛り上がりること間違いなし!

本当に美味い物を食べると、また良い音楽に触れてもそうですが、

自然、会話も楽しいものになります。

食や音楽の力って凄いでっす!

海はもう秋!

味覚の秋、明石の魚を楽しみましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の最後に

100827

ハイデルベルク(ドイツ)

ヨーロッパらしい歴史的風情ある街並み、

街の中心に存在するのは、必ずといっていいくらい教会。

そして、その権威を示すかのごとく立派な建造物で、周囲には教会を凌ぐ建造物はない。

最も価値の高いもので、与える影響も大きいにちがいない。

宗教に対する意識の深さが日本とはちがう。

おそらく仕事観もそうだろう。

日本ではバカンスなどという長期休暇はまだまだ夢物語だが、ここではあたりまえ。

何のために働くのか?

かえってくる答えもきっとちがう気がする。

日本のあたりまえ(常識)は、海外でのあたりまえではない。

文化、価値観の違いを強く感じた。

世間は狭いが、世界は広い。

井の中の蛙ではいけない。

もっともっと多くのものに触れ、どんどん刺激を受けなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホイリゲ(ウィーン)

旅の最終地、ウィーン

ここではフリータイム、つまり単独行動!

ということで、最後の夕食は、おいらの希望でホイリゲへ.............

ホイリゲ=新酒のワイン

で、ホイリゲを飲ませてくれる居酒屋もホイリゲという。

すぐ近くまでぶどう畑が広がっていて、ここには何件ものホイリゲがある。

1008252

1008251

目指すホイリゲはホテルから離れたところにあるので、マップを片手に路面電車&地下鉄で移動、

気分はウィーンっ子?

街は路線バスではなく、路面電車で網羅されている。

大通りはもちろん、裏通り?まで走っているので、殆どのところはこれでOK!

さらに24時間券というを購入すれば24時間乗り放題!

ヨーロッパはほんと路面電車が多い、

これもエコ対策?

他にも、まるでソーラーパネル畑の様なものから、

発電用の風車もいたるところで見る。

エコに対する意識が高い!

日本の取組がまるで小手先だけ?

或いは単なる企業のイメージ戦略にすぎない?

そのようにすら感じた。

1008253

道中、美術館に立ち寄って、夕刻に目的地に到着。

早速、ホイリゲを注文。

ワイングラスではなく、ふつうのコップというのがなんとも居酒屋的。

全体の雰囲気も明るく、ミュンヘンとは異なる陽気さ。

そしてここは音楽の都、ウィーン、

やはり音楽は欠かせない。

ジャパニーズ?

リクエストは?

第三の男?(映画の主題歌)

えっ、おいら、なにも言ってない。

このおじさんにとって、

日本人(或いは観光客)=第三の男.............らしく?

「後で必ず演る!」っと

べっ、べつにええんやけんどぉ~(^_^;)

ウィーンというよりも、関西的なノリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザルツブルグ(オーストリア)

旅も後半、

ここは、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台であり、モーツァルトの生まれ故郷として有名なザルツブルグ。

1008241

1008242

1008243

↓はライヴハウス?

と言ってもクラッシック、全曲モーツァルト、

お酒→演奏→前菜→演奏→メインディシュ→演奏→デザート

といった感じで、所要時間約3時間。

演奏が始まると室内の灯りは消され、しかもステージライトはなく、キャンドルライトの光だけが残る。

写真はフラッシュの光でどうにか写ってはいるが、実際はかなり暗い。

室内の暗さといい食事の出され方といい、これは当時の様子をそのまま再現しているのではないかと...........

クラッシックに興味がなくても充分に楽しめ、良い思い出となりました。

100824_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュンヘンの夜

10082

100822

旅の半ばで立ち寄ったミュンヘンのビヤホール、

とにかく広い!

そんでもってメチャ陽気!

さらにホールは満員御礼状態!

いや~~儲かってまんなぁ~

って、そっちかぁ~!

食事を重ねる毎に同じツアーの人とも親しくなってきます、

ツアーならではの楽しみです。

新婚ホヤホヤのカップルから定年退職されたご主人と奥さん、

お一人様もいれば、我々の様な家族一行も、

で、意外に多いのが、ジジ抜き?

つまり、親父抜き(^_^;)

人それぞれ、人生いろいろ、

まっ、ここで同じテーブルを囲ったのも何かのご縁、

日常を忘れ、ドイツ人に負けじと大盛り上がりです、

もちろんお酒の速度も上がります!

前方には大きなステージがあって、陽気な音楽が場を一層盛り上げてくれます。

特にこのあたりはおいら好み。

やっぱ、おいらのキーワードは、仲間、アルコール、そして音楽。

何故か食が入っていない/笑

でも、ここのソーセージ、さすがは本場とあって美味かったです!

ちなみに、神戸のミュンヘン?

ややこしいというか、そのまんまというか、三ノ宮にあるミュンヘンという名のビヤホールなんですが、

ツアー客談では、そこは唐揚げがお薦めなんだそうです、

って、話がそれてきました、戻して..............

ここでは演奏者もビールをゴックンしながら演っていました、しかもステージの上で。

出演者の飲酒もアリのようです。

これって日本ではNGかも、

しかし、これこそがドイツ人の民族性?

客席とステージの間に堅苦しい垣根はありません。

とにかく陽気に盛り上がっていこうぜ!っといった感じ、

良いです、最高に良いです!

次回はオーストリアのクラッシク版ライヴハウス?を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは「ドイツへ行って来ました~~~!」的な1枚から

今回のツアー、昼間の観光もさることながら、

ミュンヘンのビヤホールや、

オーストリアのライヴハウス?

っと言ってもロックではなくクラッシック、

しかもモーツァルト生誕の地ということもあってか全曲モーツァルト、

どちらも食あり音楽あり、さらにアルコールありと、おいらとしては大満足!

まぁ、そのあたりのお写真は追い追いアップするとして、

まずは、

「行って来ました~~~!」的な1枚から

あまりに有名なノイシュヴァンシュタイン城

でもなにか少しイメージが違いませんか?

よく見かける写真は、お城の正面から撮ったものなんです。

おそらくあれは近くの山へ登って撮ってます、ラクには撮れません。

一般の観光客がラクに撮れるのは、この場所から、

横から見た全景。

100822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・オーストリアへ

店は20日(金)から営業再開ですが、

おいらは22日までお休みを頂いております。

その間、家族でドイツ、オーストリアへ行ってきます。

昨年夏のイタリアに続き、今年もヨーロッパ。

ヨーロッパはバカンスという羨ましすぎる習慣があって、

働くために働くのではなく、楽しむために働く、そんな風土が好きです。

そうはいっても商店街サイズのおいらにとって、バカンスなんて死語、

9日間くらいの旅行が限界?

でも来年はこの限界を越えようと、密かに企んでいます(^_^;)

ところで、ヨーロッパといえど日本に比べそれほど景気が良いわけではないのに、この余裕?はいったいなんなんだろう。

価値観の違い!

おいら、常日頃は、仕事に追われる毎日。

特に魚は鮮度が命、急げ急げの世界で、暇でも忙しい←意味不明?

そのせいかこの業界の人はいらちの人が多い?/笑

かつてはその"いらち"を通り越し"殺気"だっていた頃も?/笑

でもそれは今思っても悪いことではない、それだけ必死になって仕事していたってことだから。

ただ、商人特有?の物事を全てお金に換算して考えるという悪い癖があったりも/笑

そんなおいらも、時折、「いったいなんのために働いているんやろぉ~」

っと、ブルーになったりすることも/笑

生活のために働くというよりも、むしろそこに仕事(儲け話?)があるから、

それだけの理由で働いている?

まぁ、そんなこともないのですが..................

本当はおいら自身の価値観がぐらついているというか、はっきりとしていないのかもしれない。

一年に一度、家族で海外へ出て、その中でいろんな価値観に触れてみるというのは、おいらにとって貴重な経験。

今度帰国する時は、だれも予想できなかったであろう美しい心を取り戻して帰ってこれたらと/笑

とりわけ母親と従業員が、それをせつに願っているのではないだろうかと/笑

でもそれも一週間もつかどうかですが?o(^ε^)o

では、行ってきま~~す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆休みと休漁日のお知らせ

16日(月)~19日(木)はお盆休みとさせて頂きます。

尚、15日(日)は未定です。

14日(土)~18日(水)は、明石浦ではお盆休みのため漁は行われません。

14日販売分の魚は活州に活かせておきますが、完売となった場合は、15日はやむおえず休業させて頂きます。

13日・14日は通常通り営業させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマースクール

1008083

1008081

タコ検定・サマースクール(小学生版)

目指せお魚博士!

授業?内容は、魚についての講演、捌き方、魚観察、試験............等々

↑はアスピア1階で行われた魚観察。

おいら、この授業だけ、ほんの少しお手伝い。

まずは水槽の中の魚を説明。

天然鯛と養殖鯛の違い、魚のオス・メス.............等々

子ども向けの説明って、これがやってみるとなかなか難しい。

NHKで子どもニュースってのがあるけど、たぶんあれ、一般のニュース番組より伝えるのが難しい気がする。

いくら相手が子どもとはいえ、間違った報道は許されない。

説明の後は、お待ちかね?

子どもたちに水槽の魚を触ってもらうことに。

やっぱ、これが楽しみって感じ、

盛り上がりました。

で、この授業のシメは、やっぱ、明石の魚を食べて頂かなくてはと、

魚の棚の宣伝も兼ね、保護者の方にちょっくら明石の魚をPR.。

ここでおいらのお役目は終了。

この後もまだまだ授業は続いたそうで.....................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上の丸町内会の盆踊り

今年も、盛況、住民パワー炸裂!

中でも凄いのが↓

もはや上の丸のみならず市内にその名をとどろかせている上の丸男盛会。

団員のおいら、焼きそば焼きでお手伝い。

焼けば焼くほどに妙なこだわりが..................

1008141

↓今年の団長、おん歳○○歳、,現役百姓、

とにかく元気!

1008142

↓本物のテキ屋?

ではなく、男盛会の団員/笑

暑さと鉄板の熱で、これが見た目以上にハード。

1008143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突撃?讃岐うどん!

★まっちゃん探検隊(讃岐うどん編)★

隊員:おいら、家内、娘、息子

早朝、タコフェリーで淡路へ、鳴門大橋を渡って香川へ.................

目的はあのブームとまでなった讃岐うどんを食いあさること。

   

約2時間程で到着、

一見のどかな田園風景、

しかし、このあたりに巷で噂の讃岐うどん屋が、何件も潜んでいるらしい。

なにやら怪しげなにおい?

Sa1

まずは山越さんへ

ここはかなりの人気店なのか?それとも他の店も同様なのか、平日というのにこの行列。

羨ましい~~!

パットと見たかんじ、観光客から地元の人まで多種多様?

これが讃岐うどんの実力?

Sa2

早速、潜入してみると、

従業員全員フル稼働。

のんびりとした田園風景からは想像もできないくらいの忙しさ。

長い列といえど殆ど待たされることもなく、次々と捌かれている。

順番がまわり、注文した次の瞬間、

もうできあがってきた。

あまりの早業に思わず

「早すぎやん!」

Sa3

なんと↓で200円!

安~~~う!

200円×行列から予想される客数=売上

っと、ここでも悪い癖が、ほんま病気とちゃうやろかぁ~/笑

純粋に楽しめない(-_-;)

Sa4

さっそく、実食。

いや~~讃岐うどん!

ってあたりまえ!

噂どおり麺にコシがある、シコシコ、ツルツル。

客席は↓感じで、テーブルではなく、これって床机っていうのかなっ、

さらにクーラーではなく扇風機、

これがなかなか風情があって心地が良い。

これぞ讃岐流!

っと思いきや、他の店はふつうにテーブルとクーラーだった、

残念?/笑

Sa5

この後、2件まわったところで、

うどんで腹一杯、不覚にも限界、

ただ、どのみち、このあたりのうどん屋は殆どが2時頃で閉店とのこと。

ここらで探検隊業務終了、明石へ帰ることに。

ちなみに、モーニングセットではなく"モーニングうどん"というものがあった。

讃岐の人は朝からうどん?

機会があればこのあたりのことは調査してみたい。

PS:

それにしても、この200円のうどんを食べるために、おいらが支払った交通費、

食の力というのは恐ろしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先生版トライやる・ウィーク?

100802

真ん中の男性は○○小学校の先生、

新任教員を対象に行われる「初任者研修」ということで、当店で2日間の職場体験です。

まぁいや「先生版トライやる・ウィーク」ってとこ?

先生も暑いのに大変です、ほんま、ご苦労さんです。

おかげで、一人増えたぶん、おいらはクーラーの部屋でのんびりできました、

サンキューです/笑

で、

パートさんと家内に、「若い男の先生が研修に来るよっ」っと、事前告知、

毎日、狭いところでうざい顔?ばかり見ているので、これはちょっとした朗報になったかも/笑

で、派遣当日、先生登場!

パートさん&家内、

お~~~~!!って思ったのか

それとも

え~~~~!!って思ったのか

それは神のみぞ知る/笑

先生にとっては大切な研修、それなのに...............

まぁ、こんな感じなんで、やんわりやってますが、

おさえるところはおさえてますので、

関係者さんが読んで下さっていたら、心配には及びません。

先生も大変熱心に前向きに取り組んで下さいました。

2日間、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »