« テレビ出演? | トップページ | 神戸新聞に写ってるやん »

7月2日はタコの日

「土用の丑の日に鰻を食べる」という風習は、江戸時代、平賀源内といお偉いお方が、とある鰻屋の親父に、

「夏の鰻は痩せていて売れ難い、なにか良いアイデアはないものだろうか」

っと、相談されたところ、

源内は「本日土用丑の日」という今でいうキャッチコピーを店に貼ることを考案。

これが大ヒットし、今日に至っているというのは有名な話。

土用の丑ほどの認知度こそないが、

関西では半夏生にタコを食べるという風習があります。

田植えが終わる時期、稲の根がタコのように地に吸い付き、根付くよう祈願してタコを食べるという説と、

タウリンが豊富なタコは、夏バテ防止になるという説があります。

明石では今がタコの最盛期、

麦わらダコと呼ばれ特に美味しい時期ともいわれています。

麦わらダコというのは、

ちょうどこの頃から漁師は麦わら帽子をかぶって沖にでるからだとも、

麦の収穫時期にあたるからだとも言われています。

ちなみに、7月2日は、日本記念日協会によって、蛸の日(たこのひ)と認定されています。

|

« テレビ出演? | トップページ | 神戸新聞に写ってるやん »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/35593838

この記事へのトラックバック一覧です: 7月2日はタコの日:

« テレビ出演? | トップページ | 神戸新聞に写ってるやん »