« 産卵前の明石鯛 | トップページ | 産地の人のみが味わえる贅沢 »

あぶらめ新子の南蛮漬

100517

↑今日の昼食のサイドメニュー、

あぶらめ(あいなめ)新子の南蛮漬けです。

おかんが作った、油で揚げて酢につけるだけの簡単料理です。

水揚げの期間が短いので、手軽に楽しめるのはわずかの間だけ。

親は超高級魚、

故に子も絶品で、この味を知っている人は飛びついてきます。

が、しかし、

最近は、こういった魚がほんと売れなくなりました(^_^;)

お客さんからは、

「これ、どうやって食べるの?」

さらには、

「これ、何ですか?」

・・・・・

魚料理なんて、刺身、塩焼、煮付といったシンプルなもので充分、

大切なのは「素材」そのもの。

後は「美味い飯」ではないかと...........

フランス料理があれほどの料理になった最大の理由は、新鮮な魚が手に入りにくかったからだそうで。

良い魚が手に入るところであれば、

凝った料理をする必要などまったくないのでは、

っと、料理をしないおいらが言っても説得力はありませんが、参考までに。

※詳しくはこちら

|

« 産卵前の明石鯛 | トップページ | 産地の人のみが味わえる贅沢 »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/34734398

この記事へのトラックバック一覧です: あぶらめ新子の南蛮漬:

« 産卵前の明石鯛 | トップページ | 産地の人のみが味わえる贅沢 »