« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月に作成された記事

今日から一年「国税モニター」

税務署から魚の棚に「国税モニターを一名選出してくれ」との依頼があったようだ。

もちろん!当然?誰もやりたくない。

そこで、理事、全員集まってくじで決めることに、

なんと!おいらが引き当ててしまった(-_-;)

で、昨日は第一回目のモニター座談会。

明石税務署内を案内して頂き、署内の仕事や税金というものを説明して頂いた。

おいら、サラリーマンの時は税金は給料から天引されていたので、納めているという意識はほとんどなかった。

意識するのは「手取り」のみ!/笑

今は経営者なので、毎日の売上(労働)の中から納めている、

税金に対する意識はサラリーマン時代とは比較にならない。

納税は義務、個人商店といえども厳しく徹底される。

ただ、それならば、使うときもこれくらい徹底してやって頂きたい。

国レベルなら、毎日の様に税金の無駄遣いが報道されている。

地域レベルでも、

こんな工事、本当に必要なのだろうか、単なる予算の消化事業ではないのだろうか?

或いは、こんなものに多額のお金をかける必要があるのだろうか?

そんなふうに感じることも少なくない。

これは行政、政治の問題なのかもしれないが、

おいらにとって税務署も行政もない、ワンセットである。

脱税は罪で、無駄遣いは罪ではない、

どこか矛盾している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビックリ!教科書においらが載ってるやん!

家に帰ると息子(小3)がいきなり、

「おとうさん、載ってるで~」っと

???

最近、取材あったかなぁ~

見ると息子の教科書においらが載っている。

3・4年生に配られる「わたしたちの明石」(明石市教育委員会発行)

しかも名前も入ってるやん!

あの取材、これやったんやぁ~

100421

1004212_2

息子の使う教科書に載せて頂くのは、正直、嬉しいものです。

よく携帯の待ち受け画面に子どもの写真を使っている人を見かけますが、

息子にとってこれは逆バージョン?

但し、消去はできません/笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただ今、修行中!

100420

某寿司屋さんの新入りさんです。

親方の仕入に付き添い、店のまな板で水洗いをしています。

朝8時出勤で退社は夜の11時過ぎ、

寿司屋の一日は長いです。

おいら、家業の後継では少数派?の元サラ、

彼を見ているとなんとなくサラリーマン時代を思い出します。

おいらが当時、経験したことって..............

経営のノウハウ?作業効率?組織のあり方、考え方?

そんなことではありません!

それは、

「縦型社会のルール」

そして、

「上司の理不尽な怒り!」

これはあじわった者にしか分かりません/笑

(彼がどうなのかは知りませんが)

余談ですが、

今でも、家業を継ぐにしても、一度はサラリーマンとして外に出るべきという持論を持っています。

これは経験として必要です。

そこでしか得られないものがあります。

良い悪いではなく、親は仕事の上でも親なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィジュアル系

100411

明石鯛は味はもちろんのことですが、

見た目がなんとも美しいです。

道行くお客さんも、思わず「きれ~~!!」っと。

桜色をした肌に青い斑点、

そして際だつのが↑、目の上の青いライン、

まるでアイシャドウをしているかのようです。

これぞ、ヴィジュアル系!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろっけん・ろーるJr

1004172

息子の誕生日にプレゼントしたエレキギター、

子供用とはいえ、一応フェンダーストラトモデル、

どらえもんシリーズではありません/笑

なかなかポーズはきまってます/笑

このエレキが素晴らしきロックの扉をたたくのか?

それとも粗大ゴミとなるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜ダイ

1004161

桜が咲く頃から水揚げが始まる春の鯛は「桜ダイ」と呼ばれ親しまれています。

明石鯛といえば、明石ダコと並び明石が誇る超有名ブランド。

いよいよ水揚げが本格的になってきました。

詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自粛ライン

Suonotana

↑は昭和の魚の棚、場所は松庄前です。

通路の真ん中まで魚を並べています(^_^;)。

当店だけではなく、他の店もそうで、これがあたりまえといえばあたりまえでした。

良い悪いは別として、市場らしく活気があり、この光景が懐かしい人も多いのではないかと。

しかし、当時、これはかなり問題とされていました。

魚屋のおいらは当事者だったにも関わらず、

まだかけ出しの頃で、どこかで歯止めをかけなければという声には耳もかさず、出したい放題。

そんな中、登場したのが↓の自粛ライン。

100413

これによって通路がしっかりと確保され、これまでの様な出したい放題で、殺伐とした市場感はなくなり、

代わって整然とされた商店街が誕生しました。

幸い?おいらはまだ頭も年相応に柔らかく?

これをしぶしぶ?発展型と前向きにとらえ、

「これを機に商売のあり方を変えていこう!」と誓ったような誓わなかったような..........忘れました/笑

それくらいに魚屋にとってはある意味で大きな?出来事だったかもしれません。

この自粛ラインが引かれてけっこう年月がたつので、最近は特に意識することもなかったのですが、

先日の理事会で、

ある視察に来られた人がこの自粛ラインを見て「活気的で前進的な取組だと感心された」という話がありました。

そうなんやぁ~

でも、言われてみれば、魚の棚もほんと買いやすくなったという気がします。

かつて様な「売ったるわ!」的な光景もほとんど姿を消しました/笑

まぁ、今の時代にそんなことをしてたら、即!脱落ですが/笑

おいらのおかんも「ここも随分と良くなった」と常々そう言ってます。

ただ、賑わいに関しては、

こればかりは個々の店の取組に委ねられているところが大きいので、

また別の問題かと..............

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前物はこれからが本番!

いかなご新子も終了しました。

しかし、

前物(昼網物)と呼ばれる明石の魚は、これからが本番これからです。

水温の上昇とともに、人気のタコやエビの水揚げが本格的になり、

アジ等の回遊魚もまわってきます。

既にタイの水揚げは始まっています。

↓は春の代表格ともいっていい魚、あぶらめ(あいなめ)。

丸々と肥え、脂ものって、まさに今が旬です。

大きな「ポン」と呼ばれるものは刺身、小さめのものは煮付け、唐揚げ。

ただ高価な魚の為、店頭に直接並べられるということはあまりありません。

料理屋さん等で見かけたら是非、頼んで見ましょう。

アブラメの刺身、これに勝る物はないのではと............

Aburame5_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はたらく人になりきろう

2月頃?

神戸大学附属明石小学校の「きいてためして はたらく人になりきろう」という校外学習。

当店も協力店ということで、

たしか二年生だったかなっ?

店頭で大きな声を出して呼び込みをしてくれました。

その時のお礼が届きました。

100406

何故か松庄の下のマークが気になる/笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜満開

いかなごも終わりに近づき、ブログのアクセス数も激減してきました。

ということで、再び、独り言?寝言?ブログの復活です。

ところで...........

明石公園の桜は、今が満開です。

おいらも町内の皆さんとお花見です。

もの凄い人でした。

あっ、もちろん仕事はご遠慮?させて頂きました/笑

おかんいわく、魚の棚ももの凄い人だったようです。

店の魚も完売していました。

ということは、=おいらは不要な存在?

嬉しいような嬉しくないような/笑

1004051

1004052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生産者の顔を見せる

0401seisan

淡路で見つけたポップです。

手作り感があり、産地らしくていい感じです。

そういえば、おいらの様な魚屋にとって生産者といえば漁師を指すのですが、

加工品の場合、漁師でなく加工者になるのかと。

あたりまえといえば、あたりまえなのですが............

「生産者の顔を見せる」

これ、産地直売所やネット販売ではよくみかけます。

生産者と販売者は別個のものでも、ましてや対立しているものでもなく、一体となっていると考えるべきもの。

このあたりの打ち出しは、店舗販売者よりネット販売者の方が積極的で、進んでいるという気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一ヶ月ぶりの完全休日、淡路島へ

いかなごもほぼ終わり?

いや、まだまだ終わらない?終わらせない?/笑

ところで..............

昨日は約一ヶ月ぶりの完全休日。

で、家族と淡路島へ行くことに...............

車で橋を渡るより、たこフェリーに乗って、下から見上げた方が絶対に盛り上がります!

0401ouhasi

↓某土産物屋さん

特に商品が珍しいわけでも、特に安いというわけでもない。

目をひいたのはディスプレー、

やはり、商品の見せ方というのは見逃せない。

0401enkan

↓「今日も炊きたて」というキャッチがいいです。

島ならではといった感じ。

正確には「今日も炊いてます」なのでしょうが、そんなことはどうでもいいこと/笑

漁の写真を使っているポスターはよく見かけますが、炊いているところのものは初めてです。

新子の加工には、炊く(くぎ煮)、茹でる(釜あげ)、干す(かなぎちりめん)があります。

魚の棚なら「生を販売しているところ」となるのでしょうが、

この土産物屋がある岩屋というところは、くぎ煮を作る加工屋さんが多い地域、

ここがポイントなのかも?

0401kugini

あっ!

べつにおいらは市場調査に行ったわけではありません。

あくまで家族サービスが基本。

↑はたまたま/笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »