« まだ続く魚の棚のいかなご戦争! | トップページ | 海苔の養殖業 »

漁師業

Afar1

↑Photo by 京本/AFAR

夕暮れ時に出港し、

我々が寝ている時間に、独り沖で漁を続け、

日が昇る頃、帰港する。

帰港後も、

獲った魚を船から下ろし、浜のプール中で種類や大きさ毎に仕訳する。

そして、お昼11時半から始まるセリに掛ける。

これを毎日繰り返す漁師業というものは、我々の想像を超えているような気がしてならない。

安さが求められがちな今日だが、

それは「買いたたく」ということにもつながる。

魚に限らず、考えさせられる。

|

« まだ続く魚の棚のいかなご戦争! | トップページ | 海苔の養殖業 »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/33931053

この記事へのトラックバック一覧です: 漁師業:

« まだ続く魚の棚のいかなご戦争! | トップページ | 海苔の養殖業 »