« テレビ放送があります | トップページ | はじめて記念日 »

バランと茶店の氷

100213

緑の葉?はバランといい、ビニール整です。

刺身の盛り合わせ等に大葉の代用品として使います。

最近では、大葉と同じ形をしたバランもあります。

しかしこれ、外人がみると、

What?

というそうで、

さらに、黄色の菊、

プラスチック整で、プラ菊と呼んでいます、

これも外人にすれば............

Why?

確かにこれ、いったいなんのミーニングがあるのでしょう?

スーパー等の刺身の小造りには、大根のケン、大葉、菊等のあしらえ物がふんだんに使われています。

うちのおかんは1000円の刺身の盛り合わせを見ては「安いなぁ~」っと言ってます。

しかし、おいらは、自分の目の中であしらえ物を取り除き、中味のみを見てしまいます。

そんなに安いかなぁ~っと。

むしろ、高い?いや、手間賃?がかなり入ってるなっと。

盛り合わせになる前のものを刺身の短冊(↑写真)と呼ぶのですが、

これの2~3倍の値段がついてる?

盛り合わせにあしらえ物をふんだんに使うのは、少量でボリュームをつけるため。

喫茶店のジュース、コップの中は半分以上が氷だった、

あの感覚に似ています。

料理屋さんでは、盛りつけは重要な要素ですし、

高級な店ほど、その見せ方が上手いです。

大切な人と食事をすることもあるし、ここではただ美味ければ、というわけにいきません。

しかし、それがご家庭でとなると、

あしらえ物って、必要なものなんでしょうか?

むしろ邪魔になりませんか。

|

« テレビ放送があります | トップページ | はじめて記念日 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/33358921

この記事へのトラックバック一覧です: バランと茶店の氷:

« テレビ放送があります | トップページ | はじめて記念日 »