« 上の丸町内会餅つき | トップページ | 産地偽装 »

庶民の味方、冬のメイタガレイ!

10011812

メイタガレイはカレイの王様と呼ばれ、その中でも明石物は全国的にも重宝されています。

しかし、それは夏場の話?

おいらが少しでも多くの人に届けたいと思うものではありません。

夏は丸々と肥え確かに魚自体は最高なんですが、それ故に高級魚として扱われます。

家での夕食のおかずというよりは、料理屋さん向きです。

ところが今の時期、新メイタと呼ばれる小さい物を中心に水揚げ量が多くなっています。

当然、相場も下がり大変お求めやすくなっています。

これぞまさに庶民の味、

明石物・庶民の味、これはおいらが商上、最大のテーマとしているもの。

店に並ぶ明石の魚、それはお客さんにとって、嗜好品ではなく、日常の必需品としてあって欲しい。

それには、品物はさることながら、値段を無視することはできない。

明石は目の前に豊かな海という大きな財産があります。

地産地消、

地の人が地で生まれたものを、特別な日ではなく、ごくふつうの日常の中で食べて頂きたい。

年末の頃、確かに安くはあったがまだ痩せていたメイタガレイ、

産卵を終え日に日に肥えてきて、今では↑の通りです。

この値段でこの品物なら、ある意味、最も値打ちのある時期といえるかもしれません。

詳しくはこちらをご覧下さい。

|

« 上の丸町内会餅つき | トップページ | 産地偽装 »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/33027063

この記事へのトラックバック一覧です: 庶民の味方、冬のメイタガレイ!:

« 上の丸町内会餅つき | トップページ | 産地偽装 »